デザイナと技術者は分かり合えないのか

小さな会社でも大きな会社でも、デザイナと技術者のぶつかり合いはよくあるものです。 デザイナは芸術家でなければなりません。芸術家は、自らのエゴを作品として表現するものです。いい意味で自分勝手であるべきであり、そうでなければ…

SEOだけを”すべて”にすべきではない

「インターネットを活用して収益を拡大する」 さまざまな書籍が発行され、さまざまなイベントが開かれ、言われてきた言葉です。 どことも知れない会社の営業マンから聞かされた方も多いでしょう。 いまやインターネットを活用していな…

あなたのβは誰のためのβですか?

Web2.0では、リリースしたWebサイトはずっとβが望ましいということになっています。 常に修正を加え、トライアンドエラーを繰り返し、よりよいものを作っていく。そこに完成型たるものはなく、ビジネススキームの変化に応じて…

世界の貧困を無くす最良の道具はITである

ロングテール理論は地球上の経済活動においても見られます。しかし、ヘッドとテールの差はより顕著に表れています。 世界の20%の人々が世界の富の75%を分け合い、別の20%の人々は世界の富の2%を分け合っているというデータが…

TV出演のメリットとデメリット

「TVは死んだ」 最近、よく言われるようになった言葉だ。 マスマーケティングとして、マスへの影響力が強かった時代はすでに過ぎ去り、ターゲットをより絞ったマーケティングが有効であるとする説を唱える方が、使う言葉である。 こ…

Webサービスは収益が先か、集客が先か

最近、身近な人とこんな議論をすることが多い。 「Webでは、収益をあげるのが先か、人(ユーザ)を集めることが先か」 結論から言えば、ほとんど「鶏が先か、卵が先か」の議論である。 どちらが正しいかという答えなどない。 どち…

リサーチよりも一人のユーザの声で得られる気付き

運営するサイトのユーザの声を聞く機会がありました。 そこで、百聞は一見にしかず、百の理論よりも一のユーザの声と感じました。 どこの企業でもそうだと思いますが、ウェブサイトの制作の前には、リサーチ結果や書籍を元に理論を組み…

検索キーワードの選定には顧客単価の視点も必要

検索キーワードの選定には、SEO会社や担当者によって様々なやり方があると思います。 ベースでは、以下のような流れで行い、各々に各社のやり方を織り交ぜているといったところでしょうか。 キーワード、複合ワードのリストアップ …

外国語圏のサービスを”パクる”ことはいいことだ

Webサービスのリリース速度、その有用性は外国語圏とくに英語圏の方が進んでいる。 それはもちろん、英語圏のインターネット人口が多く、そこにビジネスチャンスが多いため、様々な人、企業が参入すること機会が多いことにあるだろう…

日本のIT企業が世界に飛び立てない理由

日本のIT企業が世界に飛び立てない理由。 それは、もちろん”英語”のサイトをリリースしないからである。 世界のIT市場のほとんどは英語圏もしくは、準英語圏である。 英語圏のブロガーに比べて、日本のブロガーがブログだけで生…

「診断系コンテンツ好き」という日本人の民族性

ニンテンドーDSのココロスキャンが様々なブログで話題になっている。 もちろん、ブロガー向けのイベントが功を奏したことは確かであるが、それだけでここまで話題になることはないだろう。 やはり、日本人の「診断系コンテンツ好き」…

男の性的欲求が牽引するWeb業界

理系技術は男の性的欲求が牽引しています。 過去を振り返ってみると、それを理解するのは簡単でしょう。 ビデオテープにVHSとベータの戦いがあったことはご存じでしょう。僕がちょうどギリギリ知っている世代です。 VHSがこの戦…

集客商品と利益商品

おおるりグループという旅行会社をご存知でしょうか。 この旅行会社の特徴は、なにしろ安い!1泊2食付き、新宿や池袋などの主要な駅からの送迎付きで5000~8000円となっています。 旅館や食事はまぁ値段通りかなという印象で…