ルールや法律を破ることがイノベーションではない

ルールや法律を破ることがイノベーションではない

グレーゾーンを攻めるのがスタートアップの醍醐味であったとしても、ルールを破れば潰されて当たり前。破壊的イノベーションを目指すなら「破壊される側を考慮」することは大切。スタートアップは折衝する責任を回避する言い訳にならない。

自分ができるからといって、できない人にできるようになれと押し付けるのはチームではない

自分ができるからといって、できない人にできるようになれと押し付けるのはチームではない。

リーダーはあるもので最強の戦い方を、戦い続けながら戦いの中から探り、見出していくもの。あるものに目を向けてチームで適材適所を見極めていくことで最強のチームになる。できないことは他人に任せる。自分ができることを徹底的にやりぬく。歯車を噛み合わせるのがチームワーク。

アート思考の「問う力」が、未来を切り拓く

アート思考の「問う力」が、未来を切り拓く

過去からの延長に成り立つロジック思考では未来を切り開くことはできない。イノベーションのために必要なのは常識に対する違和感というノイズ。未来に対する夢物語を大きく大きく広げることがスタートライン。

令和のイノベーターに必要な気質は「遊び人」だ

令和のイノベーターに必要な気質は「遊び人」だ。

遊び人はふらふらしながら情報と人脈を繋いで未来を紡ぐ。不真面目で変なやつが、好奇心でふらふらし、急に帯びた熱に夢中になり、面白がり力で仲間を集め、未来の扉を明ける。「好き」という気持ち胸の「トキメキ」を開放して「遊ぶ」ことから始める。

人事という仕事は総合格闘技

人事という仕事は総合格闘技

1+1を10にも100にもしていくことができるかをトータルで牽引するのが人事。「ヒト」だけはいくら金があっても買うことはできない。会社のビジョンを実現するために、人事を総合的に考えるのが仕事。

アート思考がイノベーションの種を見出す

アート思考がイノベーションの種を見出す

データではなく直感・直観による仮説設定が、未来の扉を開く鍵となる。「良い子」ではなく、「反逆者」として普通や常識に抗う力が必要。1を10に、100に成長させるのがロジックなら、0から1をうむのがアート。

D2Cは日本生まれのムーブメントだ

D2Cは日本生まれのムーブメントだ

2Cは「禅」と「おもてなし」の統合マーケティングだ。日本のコミュニケーションセールスに学ぶことは多い。世界に冠たるブランドを創るために、先人の失敗に学べ。