未知のものを拒絶せず、好奇心を持って向き合うべし

人は産まれながらにして「井の中の蛙」だから異物を排除しようとするのは当たり前。自分と違うから「嫌い」と判断するのではなく、「違い」を「違い」のままその存在を認めること。自分とは異なる価値観に触れたからこそ、新しい視点、視野、視座、視角を得ることができる。

一緒にいたい人とだけ一緒にいよう

人生は楽しむものだ。楽しんでこそ、人は成長できる。一緒にいて楽しいと思える人たちと一緒にいよう。心の底から通じ合う仲間とどれだけ出会えるかは、未来に向けての投資。

令和時代を賢く生き抜くコツ

平成は「こうあるべき」という「普通」が否定された。他人の目で見た世界の「情報」を鵜呑みにしてはダメ。令和は、自分の目で見て、耳で聞き、五感すべて世界を「体験」することが大切。

自分なりの表現方法を見つけよ

ざっくりまとめると… 自分の考えを「誰にどう伝えるか」を正しく選択せずして成果を出すことはできない 表現方法が異なればそれは十分な価値であり差別化要素になる 表現方法こそ自分にとって一番のオリジナリティ 自分…