令和のイノベーターに必要な気質は「遊び人」だ

令和のイノベーターに必要な気質は「遊び人」だ。

遊び人はふらふらしながら情報と人脈を繋いで未来を紡ぐ。不真面目で変なやつが、好奇心でふらふらし、急に帯びた熱に夢中になり、面白がり力で仲間を集め、未来の扉を明ける。「好き」という気持ち胸の「トキメキ」を開放して「遊ぶ」ことから始める。

アート思考がイノベーションの種を見出す

アート思考がイノベーションの種を見出す

データではなく直感・直観による仮説設定が、未来の扉を開く鍵となる。「良い子」ではなく、「反逆者」として普通や常識に抗う力が必要。1を10に、100に成長させるのがロジックなら、0から1をうむのがアート。

GAFA・BATHなどの、巨大プラットフォームの倒し方

巨大プラットフォームの倒し方

プラットフォームはパーソナライズが機能的価値を高める。機能的価値の行き着く先は「みんなにとって良いものは、みんなにとってどうでも良いもの」。「個性」にフォーカスし、特定の価値観にバーティカルに深く刺せ。

理解者などいらない

イノベーションの先は、多くの人は想像がつかない。想像がつかないものは人々は拒絶し理解できない。理解者などいなくとも、耐え抜き行動し続けるのみ。

経営に多様性が必要なたった1つの理由

VUCAの時代に、プロダクトライフサイクルは短くなっている。未来への打ち手の選択肢は、数多く持っていた方がいい。会社の器はそこにいる人の多様性で、大きくも小さくもなる。