松浦静山 一覧

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

野村克也(元)カントクの名言として知られる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」。 この言葉は彼の創作ではなく、江戸時代後期の平戸藩主、松浦静山の言葉である。大名ながら剣術の達人でもあり、剣術書「剣談」に書かれている。 野村克也カントクが試合後のインタビューでこれを述べた意図は、様々に解釈されているが、この言葉はビジネスの現場でこそ意識すべき言葉であると思う。 「負け...

記事を読む

スポンサーリンク