「人は分かり合えない」をスタート地点にせよ

ざっくりまとめると。。。
  • 人は生まれも育ちも違い、価値観も異なる
  • 人とや組織の課題はそのほとんどが「相互理解の不足」が原因
  • 「みんな違って、みんないい」空気は読まなくていい

人は生まれも育ちも違います。異なるシチュエーションにあり、異なる価値観を持っています。同じような顔をして、同じ言葉を話していたとしても、人の価値観は異なるのです。

同じような顔をして、同じ言葉を喋る人ばかりの日本人は、高度経済成長の社会主義的な「みんな同じ」の亡霊に取り憑かれています

あの頃は、モノが足りない時代であり、みんなが同じライフスタイルを求めて一生懸命生きていました。つい「みんな同じ」と勘違いをしてしまう状況にあったのです。

しかし本質的に人の価値観は違うものなのです。

人と人との課題や組織の課題は、そのほとんどが「相互理解の不足」が原因です。ナラティブやコンテクストを軽視し、それぞれの価値観が異なることを理解せず、自分にとっての正論をぶつけるということが課題の根幹です。

その課題は「正論」をぶつけ合っても解決するものではありません。自分にとって「既知」の知識・方法論が、必ずしも相手にとっても「既知」ではないのです。だから「正論」で解決できるものなど何もありません。

その課題を解決したいと思うのなら、まず大前提として「人は分かり合えないもの」ということを理解しなければなりません

もっとも課題が起きやすいのが、日本人お得意の「空気を読め」です。それは確かに大多数にとっての「正論」であって当たり前のことかもしれませんが、それを当たり前とは思わない人は厳然と存在します。その存在を無視して「空気を読め」といっても読めるわけがありません。物理的に存在しない読めないものを読ませるなんて、酷い同調圧力です。

「みんな違って、みんないい」

変化の激しい時代にダイバシティは必要不可欠です。多様な価値観を組織内に内包することが、変化への対応度をあげるために必要です。

「人は分かり合えない」をスタート地点にし、「空気を読む」ことを強制しないのが、多様性を許容した関係性の中でコミュニケーションを円滑にするために必要なのです。