天才は多作である

ざっくりまとめると…

  • 天才は生まれながらにして天才ではない
  • 天才が生み出した「名作」は大量の「駄作」の上に積み上がったもの
  • 大量に行動することでその先で名作が生まれる

天才は多作である

天才は生まれながらにして天才ではありません。生まれながらにして天才という人はこの世にいないのです。

しいていうならば、天才は「努力の天才」ということは確かだと思います努力の結果として「天才」と呼ばれるに値する結果を生んだにすぎないわけです。

その意味においては、誰しも「天才」になる可能性はあるといえます。

Genius is one percent inspiration, ninety-nine percent perspiration.
「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」
― トーマス・エジソン

天才が生み出した「名作」は、大量の「駄作」の上に積み上がったものです。大量の行動、大量のアウトプットの先でしか名作は生まれません。

人間は楽をしようとする生き物です。楽をして結果だけを得ようとする。

しかし、楽をして名作が生まれることはありません。楽をして名作を生み出したように思える天才は、その裏では人知れず大量の行動=努力をしています。

大切なのは、まず行動し、行動し続け、大量に行動することで、その先で名作が生まれるということを意識すること。そして、最初の一歩を踏み出し、小さくてもいいのでその一歩を踏み出し続けることです。