あなたは自分の人生の決定権を持っているか?

サラリーマンが新橋のガード下で、今日も愚痴をいっている。

「あんな上司の下についた、俺は不幸だ。」
「全部任せてくれれば、ちゃんと成果が出るのに。」
「なんであいつばかり評価されるんだ。」

ビールもぬるくなるほどに、愚痴が花を咲かす。

その花は、きちんと未来に実を残すのだろうか。
次なる花を咲かせるために、種を残すのだろうか。
その種は、次なる芽を伸ばすのだろうか。

愚痴をこぼしているだけで成果を残した人間を、ボクは一度たりとも見たことはない。ボク自身も含めて。


自分がやりたいことができないことを上司のせいにして、
成果が出せない原因を環境のせいにして、
物事が上手くいかないのを時代のせいにして。

子供の頃は、人生のレールは親が敷いてくれていた。
就職までは、先人たちがレールを敷いてくれていた。

でも、社会に出て働き始めてからのレールは、誰も敷いてくれない。
あなたの目の前に広がるのは荒野だ。果てのない荒野だ。

その中で誰かが引いたレールの上を進むのもあなたの自由。
自分の進みたい方向にレールを敷きながら進むのもあなたの自由。
誰かのためにレールを敷くのもあなたの自由。

あなたはどの自由を選ぶ?


農業革命、産業革命、情報革命。
人類はこれまで3つの社会革命を経てきた。
まもなく人類は「次の革命」を経験するという。

革命がおこれば、すべてが変わる。ほんとうにすべてが。何もかもが猛スピードで変化する。
過去の価値観など無意味になる。それに縛られていては時代に置き去りにされる。

変化に置いてきぼりにされたくはないだろう?
それを乗り越え、乗りこなしたいだろう?
守りたいもの―家族、価値観、信念などがあるだろう?

であれば、この革命に、自らをフィットさせるしかない。自らを変化させるしか方法はない。

他人のレールに乗っていては、時代の変化に乗り遅れる。
他人に決定を委ねていては、出遅れる。
環境に身を委ねていては、誰かに利用される。


自らの人生のレールを自ら敷こう。
そのレールの行先を自ら決めよう。
環境そのものも自らつくりあげよう。

自らの人生の決定権を自ら持とう。

あなたの人生はあなたのものだ。
あなたの人生はあなたがつくるものだ。

他人にどういわれようと、時代の流れがどうであろうと、今の環境がどうあろうと。
そんなものに惑わされてはいけない。いまに無意味になる。無価値になる。

時代の変化が訪れたときに、自らがどうあるか。どうありたいか。

それを自ら決めよう。


あなたは自分の人生の決定権を持っているか?

人生の決定権は、誰でも持てる。簡単だ。今すぐ「人生の決定権は私にある」と決意するだけだ。

Lead the self.

自らの人生のレールは、自ら敷こう。

その方が、人生は楽しい。