2011年は本格的にAndroidの時代に 〜携帯販売ランキングでついに上位7モデルがスマートフォンに

年末最後に発表された12月13日〜12月19日の携帯販売ランキングで、ついに上位7モデルがスマートフォンで独占されていました。

上位7機種は以下。

  1. REGZA Phone T-01C(NTTドコモ)
  2. GALAXY S(NTTドコモ)
  3. LYNX 3D SH-03C(NTTドコモ)
  4. IS03(au)
  5. GALAPAGOS 003SH(ソフトバンクモバイル)
  6. iPhone 4 32G(ソフトバンクモバイル)
  7. iPhone 4 16G(ソフトバンクモバイル)

携帯販売ランキング(12月13日〜12月19日):ついに上位7モデルがスマートフォンに—-初登場「REGZA Phone T-01C」の順位は? (1/5) – ITmedia +D モバイル

遅くとも2015年にはAndroidがiPhoneのシェアを追いぬくと予想されていましたが、2011年に予想よりも早くAndroidの時代が到来する兆しが見えています。

iPhoneの登場以来、スマートフォンの販売が加速されています。しかし、既にiPhone時代からAndroid時代へと移り変わっているようです。その大きな違いは、iPhoneはあくまで2台目に購入するユーザが多かったのに対し、Android端末は機種変更により1台目で利用するユーザが多いところにあります。iPhoneは独自のユーザビリティと世界観を構築した端末であるのに対し、Androidは各種サービスとの連携を強めるガラケーとの融合の可能性であり、お財布ケータイへの対応なども進めています。それが2台目として利用するiPhone、1台目のAndroidという違いを出しているのでしょう。

Androidへの移行の加速がどの程度進むのか。プラットフォーマーの移り変わりすら激しいこの時代で、サービサー、コンテンツプロバイダとしての振る舞いも変わってくることから、しっかりと注視する必要がありそうです。

スポンサーリンク

Follow Me!

スポンサーリンク