SEOだけを”すべて”にすべきではない

「インターネットを活用して収益を拡大する」
さまざまな書籍が発行され、さまざまなイベントが開かれ、言われてきた言葉です。
どことも知れない会社の営業マンから聞かされた方も多いでしょう。
いまやインターネットを活用していないと前時代的だと言わんばかりの風潮がながれています。

ここで最もすべきだと言われているのはSEOです。
SEOだけをやればよいというわけではありませんし、それ以外にも施策を施す必要があります。
そこを勘違いしている企業はまだまだ多い気がします。

ただ、そこを勘違いしている企業はまだ救いがあります。
SEOだけをやっているわけではなく、バランス良く施策を施している中で過ちを犯している会社は、既に救えない場所までいってしまっているかもしれません。
それに当てはまる会社とは、その状況で非常に高い収益を上げている会社で、SEOのみで収益を上げている会社です。

それは何故か?「他人のふんどしで相撲を取る」とはまさにこのことと言える点にその理由があります。
つまり、GoogleやYahoo!のふんどしで相撲を取って、収益を上げている点に問題があるのです。
そこまで言えばもうお分かりでしょうが、SEOだけで収益を上げているということは、その収益の根っこのすべてをGoogleやYahoo!が握っているということになるのです。
言うなれば、GoogleやYahoo!のアルゴリズムの変更はもとより、彼らが悪意を持ってその収益を断つことさえできるということです。
まるで今のマスコミと電通や某大手芸能事務所の関係ような状況ということです。生きるも死ぬも検索エンジン会社次第。

そんな危険な状況で事業を回していくなんてことは、リスク回避の観点からありえないことでしょう。
とはいえ、事業内容によっては、例えば、店舗や在庫を抱えないためにWebを活用している場合などは、SEOのみで収益を上げざるを得ないでしょう。

そういう場合でも、そうでなくても、リスク回避として最低限やるべきなのがCRM(Customer Relationship Management)です。
簡単に言えば、リピータの確保をすべきだということです。

リピータには、SEOは全く関係ありません。SEOは新規顧客の流入を行うためのみに利用するからです。
そうなると、リピータをいかに増やすかという方法を考え、実施することが重要です。それこそがリスク回避となるのです。
いきなり検索エンジンからはじかれ、表示されなくなったとしても、そこでリピータの数をどれだけ増やすかによって、新規顧客の流入による売り上げの伸びが無くなってしまったとしても、最低限の利上げを確保することができるということです。
リピータが一切いなければ、検索エンジンからはじかれた次の月の売り上げは、下手するとゼロになってしまいます。

リピータを増やす方法については、業種によって違いますし、今回の趣旨とは離れてしまうので割愛しますが、CRMの重要性は理解していただけたでしょうか?