未知のものを拒絶せず、好奇心を持って向き合うべし

人は産まれながらにして「井の中の蛙」だから異物を排除しようとするのは当たり前。自分と違うから「嫌い」と判断するのではなく、「違い」を「違い」のままその存在を認めること。自分とは異なる価値観に触れたからこそ、新しい視点、視野、視座、視角を得ることができる。

若いうちに「地獄」を経験すべし

人の成長は高負荷をかけ、行動し、結果からインサイトを得ることで成る。若ければ体力と気力があり、そのサイクルを何度もまわしやすい。若いうちの正しい苦労は買ってでもしよう。

二兎を追わなければ、二兎は得られない

ざっくりまとめると。。。 変化の激しい時代に、選択肢を一つに絞ると未来の可能性を狭める 二兎を追いかけた人の方が成長のチャンスを掴める 複数の分野を融合させた方がキャリアの幅が 日本では古来から「二兎を追う者は一兎をも得…

アウトプットしながらインプットする

単なるインプットが成長につながるわけではない。他者に見せることを意識すると「構造化」「体系化」する必要がある。抽象的な概念として頭に残れば「転用」して活用できる。

上司の指導などクソの役にも立たない

「最近の若いやつは」の発言への反論として「すべての上の世代よりも下の世代の方が優秀である」説を唱えています。 その前提に立つのであれば、上司のその価値観の押し付け的な指導、意見などはクソの役にも立たないものです。 上司が…

今日の一つは、明日の二つに勝る

「Webマーケティングを仕事にしたい」という夢を持つ若者がいました。   彼はもともとITとは無縁の業界で働いていました。その業界のことを好きではあったのですが、業界特有の様々な壁にぶち当たり嫌気が指していたの…

面接における5つの質問と5つの評価ポイント

最近は役割も変わり、あまりやることもなくなったのだが、一時期膨大な量の書類選考と面接をこなしていた。 面接は、経歴や面接に至った経路にもよるが、30分〜1時間程度の時間を使っている。 その限られた時間の中で、その人のこれ…