マネージメント 一覧

人は必ずしも優秀な人についていくわけではない

人は必ずしも優秀な人についていくわけではない

「スタッフがダメなのは、スタッフのせいではなくマネージメントのせいだ」という記事を書きました。特に、プレイヤーとして抜きんでて優秀であればある人ほど、問題が起きたときや成果があがらなかったときに、その責任をスタッフに押し付ける傾向があります。 基本的に、プレイヤーとして成果を出したひとがマネージメントレイヤーへステップアップしていく、というのがどの会社でも常です。そのなかでも、抜きんでて優秀...

記事を読む

「腐ったみかん」はチームを腐らすが、マネージメントはそれに対処できる

「腐ったみかん」はチームを腐らすが、マネージメントはそれに対処できる

ドラマ「3年B組金八先生」に出てきた「腐ったみかんの方程式」をご存知でしょうか。「箱の中のみかんが一つ腐り始めると、他のみかんも腐ってしまう。だから、腐ったみかんは早く取り除かなければならない」というものです。 これに対して、武田鉄矢扮する金八先生はこう言います。「辛いことがあって、あちこちぶつかっていれば、そりゃどこか腐ってくる。だが私たちはみかんを作ってるのではない。人間を作っているのだ...

記事を読む

あなたがダメなのは、マネージメントのせいではなくあなたのせいだ

あなたがダメなのは、マネージメントのせいではなくあなたのせいだ

「スタッフがダメなのは、スタッフのせいではなくマネージメントのせいだ」という記事を書きましたが、これはあくまでマネージメント目線の話で、そういう意識で問題解決に取り組まなければ、ダメなものがダメなままであり、それを放置することはマネージメントの放棄と同義である、というお話でした。 逆にスタッフは、すべてマネージメントのせいにしてよいのか、というえば、もちろんそんなことはありません。スタッフが...

記事を読む

スタッフがダメなのは、スタッフのせいではなくマネージメントのせいだ

スタッフがダメなのは、スタッフのせいではなくマネージメントのせいだ

マネージメントの役割として、様々な局面で、客観的、主観的、相対的、絶対的などの基準で、スタッフを評価をする機会があります。その中で、当然、ネガティブな評価を下すことも少なからずあります。 しかしながら、本質的には、スタッフが悪い評価なのは、スタッフが悪いのではなく、スタッフをそういう状況に起き続けているマネージメントレイヤーが悪いのです。

記事を読む

スタートアップだとしても、人事を軽視すべきではない

スタートアップだとしても、人事を軽視すべきではない

経営の三要素は「ヒト・モノ・カネ」というのは聞いたことがあると思います。また、近年は、これに加えて「情報・技術」を加えて、経営の五要素とも言われています。 どれも非常に大切なものではありますが、事業部サイドでキャリアを積んできた身でありながら、その経験からも、最も重要なものは「ヒト」である、と思っています。

記事を読む

経営と執行の分離という概念はありえない

経営と執行の分離という概念はありえない

経営と執行について、深く考えるきっかけがあったので、思考の整理をしてみる。そもそも、経営と執行とはなんぞや、というところから、あるべき姿まで思考を膨らませてみたい。

記事を読む

成長フェーズに入ったベンチャーにも既得権益は発生する

成長フェーズに入ったベンチャーにも既得権益は発生する

大企業であれ、中小企業であれ、ベンチャーであれ、イノベーションを起こすための弊害となるものの一つに「既得権益」がある。 既得権益と聞くと身近なものとは思えないだろう。国家権力に保護されている公務員や警察、税金を自由に使い責任をとる必要のない政治家や官僚、許可制・免許制などにより参入障壁によって保護されているマスコミなどの企業体、マーケットを支配している大企業など、自分たちの手の届かないような...

記事を読む

社内で最も優秀な人財に社内起業させよ 〜イントラプレナーの失敗学〜

社内で最も優秀な人財に社内起業させよ 〜イントラプレナーの失敗学〜

複数の企業において新規事業立ち上げを行なってきたシリアルイントラプレナーが、そこで繰り返してきた失敗を主観的に、客観的に記す「イントラプレナー(社内起業、新規事業)の失敗学」。 今回は、マネージメントレイヤーによるメンバーの選定基準について。

記事を読む

トップマネージメントは本気でやろうとしているか 〜イントラプレナーの失敗学〜

トップマネージメントは本気でやろうとしているか 〜イントラプレナーの失敗学〜

複数の企業において新規事業立ち上げを行なってきたシリアルイントラプレナーが、そこで繰り返してきた失敗を主観的に、客観的に記す「イントラプレナー(社内起業、新規事業)の失敗学」。 今回は、マネージメントレイヤーの新規事業への意識について。

記事を読む

既存事業のボスと新規事業チームは距離を置け 〜イントラプレナーの失敗学〜

既存事業のボスと新規事業チームは距離を置け 〜イントラプレナーの失敗学〜

複数の企業において新規事業立ち上げを行なってきたシリアルイントラプレナーが、そこで繰り返してきた失敗を主観的に、客観的に記す「イントラプレナー(社内起業、新規事業)の失敗学」。 今回は、新規事業担当者と既存事業を管轄しているマネージメントレイヤーとの関係性について。

記事を読む

失敗を許容する文化をつくる 〜イントラプレナーの失敗学〜

失敗を許容する文化をつくる 〜イントラプレナーの失敗学〜

複数の企業において新規事業立ち上げを行なってきたシリアルイントラプレナーが、そこで繰り返してきた失敗を主観的に、客観的に記す「イントラプレナー(社内起業、新規事業)の失敗学」。 今回は、マネージメントレイヤーの新規事業に対する意識と企業文化について。

記事を読む

トップの思いつきではじめた新規事業は必ず失敗する 〜イントラプレナーの失敗学〜

トップの思いつきではじめた新規事業は必ず失敗する 〜イントラプレナーの失敗学〜

複数の企業において新規事業立ち上げを行なってきたシリアルイントラプレナーが、そこで繰り返してきた失敗を主観的に、客観的に記す「イントラプレナー(社内起業、新規事業)の失敗学」。 今回は、新規事業へのマネージメントレイヤーの関与でよくある落とし穴について。 「スタッフが熱い思いをもったアイデアにこそ投資しろ」とは、真逆に、マネージメントレイヤーからトップダウンで新規事業を作る、ということ...

記事を読む

優秀な人財ほど、なぜ会社を辞めていくのか

優秀な人財ほど、なぜ会社を辞めていくのか

人財は重要だ。そうはいいつつ、いつの時代も、優秀な人ほど会社を辞めていってしまう。 それは、優秀な人の方が「辞めた」という事実が、記憶に残りやすいから「ほど」という感覚的な印象がついているだけかもしれない。 一方で、優秀だからこそ、会社のちょっとしたネガティブな変化にいち早く気づき、泥舟が沈むよりも前の、泥舟に会社がなろうとしているタイミングで辞めている、ということもあるだろう。 ...

記事を読む

社内起業の担当者は居心地の悪さがハンパない 〜イントラプレナーの失敗学〜

社内起業の担当者は居心地の悪さがハンパない 〜イントラプレナーの失敗学〜

複数の企業において新規事業立ち上げを行なってきたシリアルイントラプレナーが、そこで繰り返してきた失敗を主観的に、客観的に記す「イントラプレナー(社内起業、新規事業)の失敗学」。 今回は、社内起業の担当者の、社内の立ち位置について。 「社内起業の担当者は、会社において居心地の悪さがハンパない」 複数の企業でイントラプレナーをやってきたが、こればっかりはどの会社でも変わらなかった。 ...

記事を読む

プロジェクトリーダーに必要なのは、ウィットさとドライさ 〜イントラプレナーの失敗学〜

プロジェクトリーダーに必要なのは、ウィットさとドライさ 〜イントラプレナーの失敗学〜

複数の企業において新規事業立ち上げを行なってきたシリアルイントラプレナーが、そこで繰り返してきた失敗を主観的に、客観的に記す「イントラプレナー(社内起業、新規事業)の失敗学」。 今回は、新しく立ち上がったプロジェクトの、プロジェクトリーダーに必要な資質について。 単純に「起業」ということであれば、強烈なオーナーシップを発揮し、時に極端に、時に強引に物事を進めることが、急成長のためには必...

記事を読む

スポンサーリンク