【2016年1Q版】国内IT系スタートアップ資金調達状況まとめ

【2016年1Q版】国内IT系スタートアップ資金調達状況まとめ

2016年1〜3月に発表されたIT系スタートアップの資金調達ニュースをまとめて、トレンドを追いかけてみた。

記事を読む

【2016年3月版】IT系スタートアップの資金調達ニュースまとめ

【2016年3月版】IT系スタートアップの資金調達ニュースまとめ

2016年3月に発表されたIT系スタートアップの資金調達ニュースをまとめてみた。

記事を読む

【2016年2月版】IT系スタートアップの資金調達ニュースまとめ

【2016年2月版】IT系スタートアップの資金調達ニュースまとめ

2016年2月に発表されたIT系スタートアップの資金調達ニュースをまとめてみた。

記事を読む

人は必ずしも優秀な人についていくわけではない

人は必ずしも優秀な人についていくわけではない

「スタッフがダメなのは、スタッフのせいではなくマネージメントのせいだ」という記事を書きました。特に、プレイヤーとして抜きんでて優秀であればある人ほど、問題が起きたときや成果があがらなかったときに、その責任をスタッフに押し付ける傾向があります。 基本的に、プレイヤーとして成果を出したひとがマネージメントレイヤーへステップアップしていく、というのがどの会社でも常です。そのなかでも、抜きんでて優秀...

記事を読む

ギフテッド(天から与えられた“資質”)を持たない人などいない

ギフテッド(天から与えられた“資質”)を持たない人などいない

仕事ができるできないという評価は、あくまでその組織における相対的なものであって、それはその人に能力があるかないかという話と同一視してはいけません。そして、どんな人もなんの能力もない、ということはありえなく、すべての人が何らかのギフテッド(天から与えられた“資質”)をもっているのです。

記事を読む

「腐ったみかん」はチームを腐らすが、マネージメントはそれに対処できる

「腐ったみかん」はチームを腐らすが、マネージメントはそれに対処できる

ドラマ「3年B組金八先生」に出てきた「腐ったみかんの方程式」をご存知でしょうか。「箱の中のみかんが一つ腐り始めると、他のみかんも腐ってしまう。だから、腐ったみかんは早く取り除かなければならない」というものです。 これに対して、武田鉄矢扮する金八先生はこう言います。「辛いことがあって、あちこちぶつかっていれば、そりゃどこか腐ってくる。だが私たちはみかんを作ってるのではない。人間を作っているのだ...

記事を読む

あなたがダメなのは、マネージメントのせいではなくあなたのせいだ

あなたがダメなのは、マネージメントのせいではなくあなたのせいだ

「スタッフがダメなのは、スタッフのせいではなくマネージメントのせいだ」という記事を書きましたが、これはあくまでマネージメント目線の話で、そういう意識で問題解決に取り組まなければ、ダメなものがダメなままであり、それを放置することはマネージメントの放棄と同義である、というお話でした。 逆にスタッフは、すべてマネージメントのせいにしてよいのか、というえば、もちろんそんなことはありません。スタッフが...

記事を読む

スタッフがダメなのは、スタッフのせいではなくマネージメントのせいだ

スタッフがダメなのは、スタッフのせいではなくマネージメントのせいだ

マネージメントの役割として、様々な局面で、客観的、主観的、相対的、絶対的などの基準で、スタッフを評価をする機会があります。その中で、当然、ネガティブな評価を下すことも少なからずあります。 しかしながら、本質的には、スタッフが悪い評価なのは、スタッフが悪いのではなく、スタッフをそういう状況に起き続けているマネージメントレイヤーが悪いのです。

記事を読む

新規事業を外部から招いた人に任せてはいけない理由 〜イントラプレナーの失敗学

新規事業を外部から招いた人に任せてはいけない理由 〜イントラプレナーの失敗学

新規事業担当者の採用情報というのはいつの時代もまるで泉のように溢れ出続けています。どの企業も、新規事業をやろうと決意をしたはいいものの、社内に人材がいないということに気づき、慌てて採用を始めるのでしょう。 しかしながら、外部から招いた人が新規事業に成功した事例は、その募集されている数に比べて圧倒的に少ないのです。その人がどんなに知見があっても、どんなに経験があっても、失敗する確率は非常に高い...

記事を読む

スタートアップの初期メンバーがスケール後にお荷物になる理由

スタートアップの初期メンバーがスケール後にお荷物になる理由

「スタートアップだとしても、人事を軽視すべきではない」でも書きましたが、スタートアップの最初期に採用したメンバーは、会社がスケールするとお荷物社員になりえます。たいていのスタートアップで対処に困る社員が出てきます。 当然、会社のスケールとともに成長する人材も一定数います。スケール後、現場叩き上げの取締役として活躍を続けている方も大勢いらっしゃいます。 しかしながら、大多数は会社に巣食う...

記事を読む

スタートアップだとしても、人事を軽視すべきではない

スタートアップだとしても、人事を軽視すべきではない

経営の三要素は「ヒト・モノ・カネ」というのは聞いたことがあると思います。また、近年は、これに加えて「情報・技術」を加えて、経営の五要素とも言われています。 どれも非常に大切なものではありますが、事業部サイドでキャリアを積んできた身でありながら、その経験からも、最も重要なものは「ヒト」である、と思っています。

記事を読む

ペルソナを何故明確化しなければならないのか

ペルソナを何故明確化しなければならないのか

サービスを開発するにあたって、ペルソナは必ず明確に作成すべきだ。それが、Webサービスであろうと、アプリであろうと、リアルなプロダクトであろうと。 それは、プロジェクトメンバーひとりひとりにとって「捉え方が違う」からで、「当たり前が違う」からだ

記事を読む

成長著しいソーシャルゲームセカンダリーマーケットについてまとめてみた

成長著しいソーシャルゲームセカンダリーマーケットについてまとめてみた

ソーシャルゲームは、いわゆるカードバトル系タイトルの衰退が進行し、それと平行して(または、要因として)パズドラ、モンストを代表とするネイティブゲームが急拡大していることは周知のことと思う。 モンストに続く第3の大ヒット作を作るべく、各社ネイティブゲームシフトが叫ばれ、事業・組織再編を継続的に行っている。 これにともなって、新たな市場が大きく立ち上がる様相を見せている。 ソーシャル...

記事を読む

「言うことは壮大、やることは愚直」

「言うことは壮大、やることは愚直」

サイバーエージェントの強みとして、人事統括本部長の曽山哲人氏はよくカンファレンスやセミナーなどで、藤田晋氏の「言うことは壮大、やることは愚直」という言葉を引用する。この言葉はまさに、起業家や社内起業家、またサラリーマンであっても、すべからく持つべきマインドであると思う。

記事を読む

【2016年1月版】IT系スタートアップの資金調達ニュースまとめ

【2016年1月版】IT系スタートアップの資金調達ニュースまとめ

2016年1月に発表されたIT系スタートアップの資金調達ニュースをまとめてみた。

記事を読む

スポンサーリンク