【2016年上半期版】国内IT系スタートアップ資金調達状況まとめ

【2016年上半期版】国内IT系スタートアップ資金調達状況まとめ

2016年1〜6月に発表されたIT系スタートアップの資金調達ニュースをまとめて、トレンドを追いかけてみた。

記事を読む

【2016年2Q版】国内IT系スタートアップ資金調達状況まとめ

【2016年2Q版】国内IT系スタートアップ資金調達状況まとめ

2016年4〜6月に発表されたIT系スタートアップの資金調達ニュースをまとめて、トレンドを追いかけてみた。

記事を読む

独自路線のWebメディア事業「ナターシャ」 〜決算公告からみる未上場企業

独自路線のWebメディア事業「ナターシャ」 〜決算公告からみる未上場企業

ポップカルチャー専門メディアの「ナタリー」を中心としたWebメディア事業を展開する「ナターシャ」。 決算公告が5月に公開されたので、貸借対照表をビジュアライズして、現況を探ってみた。

記事を読む

【2016年6月版】国内スタートアップの資金調達ニュースまとめ

【2016年6月版】国内スタートアップの資金調達ニュースまとめ

2016年6月に発表されたIT系スタートアップの資金調達ニュースをまとめてみた。

記事を読む

有機野菜・無添加食材の宅配EC「らでぃっしゅぼーや」 〜決算公告からみる未上場企業

有機野菜・無添加食材の宅配EC「らでぃっしゅぼーや」 〜決算公告からみる未上場企業

有機野菜・無添加食材の宅配ECの「らでぃっしゅぼーや」。一時上場をしていましたが、現在はNTTドコモ90%、ローソン10%の合弁会社となっています。 決算公告が5月に公開されたので、貸借対照表をビジュアライズして、現況を探ってみた。

記事を読む

【2016年5月版】国内スタートアップの資金調達ニュースまとめ

【2016年5月版】国内スタートアップの資金調達ニュースまとめ

2016年5月に発表されたIT系スタートアップの資金調達ニュースをまとめてみた。

記事を読む

シードフェーズこそ、パッションドリブンであるべきだ

シードフェーズこそ、パッションドリブンであるべきだ

「熱いパッションを持つことがなによりも大切」という記事にも書きましたが、事業創造やイノベーションには熱いパッションを軸に事業戦略やプロダクト戦略を組み立てることをオススメしています。 特にシードフェーズのスタートアップがまず最初にやるべきことは、パッションを明確にし、言語化することが大切です。それによって、シードフェーズの大半の活動はスムーズに進めることができるようになります。

記事を読む

【2016年4月版】国内スタートアップの資金調達ニュースまとめ

【2016年4月版】国内スタートアップの資金調達ニュースまとめ

2016年4月に発表されたIT系スタートアップの資金調達ニュースをまとめてみた。

記事を読む

駐車場シェアリングサービスの雄「akippa」 〜決算公告からみる未上場企業

駐車場シェアリングサービスの雄「akippa」 〜決算公告からみる未上場企業

駐車場シェアリングで急成長し、現在拠点数で3位、2017年中にトップおよび海岸展開を目指す「「akippa」。 決算公告が5月に公開されたので、貸借対照表をビジュアライズして、現況を探ってみた。

記事を読む

苦境に陥った「gloops」 〜決算公告からみる未上場企業

苦境に陥った「gloops」 〜決算公告からみる未上場企業

ネクソンが2012年に365億円で買収・完全子会社化した「gloops」。 決算公告が5月に公開されたので、貸借対照表をビジュアライズして、現況を探ってみた。

記事を読む

真に偉大なリーダーは無私の心を持っている

真に偉大なリーダーは無私の心を持っている

リーダーは、最も仕事ができる人がなるものではありません。正確には、一般的な会社では仕事が優秀な人がリーダーの立場になることが多いわけですが、仕事ができることとリーダーの適性があることは必ずしも一致しません。 リーダーシップ論として、かくあるべきはよく語られていますが、ボクはひとつ「無私の心」というのが大切なのではないかと考えています。 誰もついていきたくないリーダーとは 自分のキ...

記事を読む

夢は、描かなければみれない。現実は、目を開けなければみえない。

夢は、描かなければみれない。現実は、目を開けなければみえない。

起業家やイノベーターの方とお話をするとき、よく「WHYを言語化しよう」と言っています。プロダクトの話よりも、まず、世界をどう変えたいのか、の話をしようと。 プロダクト開発の仮説検証のステップとして、実務上そうしたほうがいいということであったり、ピボットの軸としてWHYをしっかり定めるべきということだったり、チームビルディングの側面だったり、理由は多々あるのですが、そもそも根底としてのメッセー...

記事を読む

上司を説得するコストより、怒られるコストのが圧倒的に低い

上司を説得するコストより、怒られるコストのが圧倒的に低い

サラリーマンがイノベーションを起こすためには、様々なリスクをクリアする必要があります。それは、会社サイドが寄与すべきものであったり、チームで実行すべきものであったり、個人のマインドによるものであったり。 今回は、チームのマインドの中でも、特にサラリーマンが勘違いしてしまうポイントについて書いてみます。それは、「上司の許可を得なければ、仕事は進めるべきではない」という常識です。 確かに、...

記事を読む

自分の勝てるフィールドで戦え

自分の勝てるフィールドで戦え

「能力のない人などこの世に存在しない」という記事で、マネージメント層がすべてのスタッフと向き合ううえでのマインドについて記しました。本稿では、その前提でスタッフがどのようなマインドセットをもって働くべきかについて、考えを巡らせてみたいと思います。 結果が出ない。評価されない。給与があがらない。出世ができない。と悶々としている方は、少なからずどの企業にもいると思います。その原因には、スキル不足...

記事を読む

能力のない人などこの世に存在しない

能力のない人などこの世に存在しない

経営の三大要素「ヒト・モノ・カネ」の時代から、「ヒト・モノ・カネ+情報・技術」の時代、そして、「ヒト・ヒト・ヒト」の時代へと移り変わってきています。「モノ・カネ」は、ベンチャー投資の盛り上がり、オープンイノベーションブームなどにより、以前から比べると調達は容易になりました。また、「情報・技術」は、ヒトによってもたらされるものであり、ヒトが自ら高められるものです。「ヒト」がとにかく重要なのです。 ...

記事を読む

スポンサーリンク