言語化で脳に錨を立てよ

ざっくりまとめると。。。
  • 夢や目標を言語化しよう
  • それがアンカーになって情報や人脈が集まってくるようになる
  • セレンディピティが勝手にリンクして、夢への道筋になる

なりたいものはありますか?
幸せにしたい人はいますか?
解決したい課題はありますか?
創りたい世界はありますか?
実現したい未来はありますか?

スタートアップでいえば、ビジョンやミッション。
個人なら夢や目標。

それはなるべく言語化することをオススメします。

もちろん、それは綺麗で美しいキャッチコピーであれば、他人に伝え、共感をうみ大きなムーブメントになる可能性があります。
そしてスタートアップならそれが最初の一歩となります。

しかし、最初から綺麗で美しいキャッチコピーである必要はありません。そして、1つである必要もありません。
雑でも殴り書きでも良いので、言語として書き出すことから始めてみましょう。

人は「今目の前に赤いものはいくつありますか?」と聞かれても答えられません。聞かれてから数え始めます。つまり、人は受け取った情報の大半を処理せず流しているのです。

しかし、その質問がされるとわかっていれば、赤いものをあらかじめ数えるでしょう。日常で大量に受け取る情報を処理するためには、事前にアンカーをうっておく必要があるのです。

自分の目指すものを明確に言語化しておく。それが当たり前のように脳内に刷り込まれれば、それがアンカーになって情報や人脈が集まってくるようになります。

そうしなければ、せっかく出会ったチャンスや人を感受し活かすことなどできず、スルーしてしまうのです。

夢や目標を実現するためには戦略は必要ですが、戦略は戦略を考えようとして組み立てられるものではありません。

始まりは個人の直感や妄想でいいのです。脳にアンカーを立てて、出会った偶然を組み上げながら、具体的なプランへと磨き上げていく。それが積み重なれば戦略へと昇華されるのです。

戦略は合理性の極致ですが、戦略は合理性からは生まれないのです。

「これがやりたい」と言語化し、宣言する。

すると、日常での偶然の出会いや触れた情報が、勝手にリンクし始めます。そしてそれが繋がって、夢を実現するための道筋になります。

そして、その結果「運」を引き寄せることもできるのです。

まさに言霊。「言語化」こそ、夢を実現するための最強のツールです。

Ship Anchor | Kenneth Stronach | Flickr