「アンパンマンのマーチ」はすべてのイノベーターへの応援歌だ

日本人なら誰もが一度は耳にし、一度は口ずさんだことのあるであろうアンパンマンの主題歌「アンパンマンのマーチ」。ボクはこの歌詞が好きで、仕事に集中しているときなどに、かなりの頻度で無意識のうちに鼻歌で歌ったりしています。

といいつつ、はっきりと歌詞を覚えてないなーと思ったので、調べてじっくり読んでみたのですが、この歌詞を、ひとつひとつのフレーズを、読めば読むほどこれが起業家や事業家、イントラプレナーなどの、すべてのイノベーターに対する応援歌として解釈することができることに気づきました。

世界をより良き方向へ改革するイノベーターは、まさに孤独なヒーローであることを考えると、アンパンマンのその根底にあるテーマがまさにそのまま当てはまるのだと感じます。

もちろん、やなせたかし先生が簡易な言葉で書き記した世界に対するメッセージなので、受け止める方によって感じかたは様々でしょうが、ひとつの視点としてイノベーターにとっても学べることは多いように思います。

アンパンマンのマーチの新解釈『イノベーターのマーチ』

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

イノベーターの君は、自身が信じる世界に突き進んでいるでしょう。まさにそれこそが「生きるよろこび」そのものであり、それが徐々に実現していく様は「うれしい」ものだと思います。

しかしながら、そのためには様々なリスクをとっています。そして、孤独です。そこでついた「胸の傷」が日々ジクジクと「いた」むでしょう。それ「でも」、「生きるよろこび」を感じながら日々邁進していることでしょう。

なんのために生まれて
なにをして生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!

君は、誰かが敷いたレールのうえを、ただ淡々と生きることを好みません。今の世界が最適な世界だとも思いません。

「なんのために生まれて なにをして生きるのか こたえられない」ことを「いや」だと感じ、今の世界よりも、より良き世界を求めて生きているからこそ、君はイノベーターなのです。

今を生きる ことで
熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ
ほほえんで

そして、そのより良き世界を実現するという夢を追いかけているからこそ、「熱い こころ 燃え」ているのでしょう。そのために「今を生き」ているのだと。

夢の実現に一歩一歩近づいているからこそ、「ほほえんで」前を向いて歩けているのでしょう。

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

だからこそ、どんなに辛くても「胸の傷がいたんでも」、「生きる よろこび」を感じているのです。

ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ!みんなの夢 まもるため

そして、君が信じているより良き世界の実現は「みんなの夢」なのです。

「やさしい」イノベーターの君は、「みんなの夢 まもるため」に、前へ前へと進まなければならないのです。

なにが君の しあわせ
なにをして よろこぶ
わからないまま おわる
そんなのはいやだ!

君が信じるより良き世界は、最初は自分自身が感じた違和感の解決からはじまっているでしょう。

しかしながら、それを実現することで、より多くの人が今よりも良き世界にいることができると信じているからこそ、前に進めているのです。

だから君は「なにが君の しあわせ なにをして よろこぶ わからないまま おわる」のは「いや」だと感じ、自身がなすべきことによって、みんなの幸せを実現することにこそ、最大の喜びを感じているのです。

忘れないで 夢を
こぼさないで 涙
だから 君は とぶんだ
どこまでも

もちろん、様々なことがあるでしょう。心が折れることもあるとでしょう。

でも「忘れ」てはいけません。君の「夢」はみんなの「夢」なのです。どんなに辛いことがあっても「涙」を「こぼさ」ずに、「どこまでも」「とぶ」のです。

そうだ おそれないで
みんなのために
愛と 勇気だけが ともだちさ

目指すべきより良き世界のために、それによって幸せに、喜びになる「みんなのために」、なにものもを「おそれないで」進むほか、実現のための手立てはありません。

最初は誰にも信じてもらえなくても、そのみんなのための「愛」と、リスクをとり一歩踏み出した「勇気」だけを「ともだち」として胸に、突き進むほかに実現する方法はないのです。

ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ!みんなの夢 まもるため

「やさしい 君」の夢は、「みんなの夢」でもあるのです。前へ前へと進みましょう!

時は はやく すぎる
光る星は 消える
だから 君は いくんだ
ほほえんで

誰にでも平等に「時は はやく すぎ」ます。そして「光る星」もいつかは「消え」ます。

ぼやぼやしていては、あなたがしあわせにしたい誰かは、命がつきてしまうかもしれません。

だから、君は「いく」しかないのです。どんなに辛くても「ほほえんで」前に進むことが大事なのです。

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ どんな 敵が あいてでも

より良き世界を実現している君は、まさに「生きる よろこび」を感じていることでしょう。

そこでは様々な困難=「敵」が、日々目の前に現れます。それでも、「たとえ どんな」困難が目の前に出てこようとも、どんなに小さな一歩でも、それを「生きる よろこび」として感じている君は乗り越えることができるでしょう。

ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ!みんなの夢 まもるため

一歩踏み出したときから、君の夢は、君だけの夢ではありません。

「いけ!みんなの夢 まもるため」

『アンパンマンのマーチ』 歌詞 全文引用

『アンパンマンのマーチ』

作詞 やなせたかし 作曲 三木たかし

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

なんのために生まれて
なにをして生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!
今を生きる ことで
熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも
ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ!みんなの夢 まもるため

なにが君の しあわせ
なにをして よろこぶ
わからないまま おわる
そんなのはいやだ!
忘れないで 夢を
こぼさないで 涙
だから 君は とぶんだ
どこまでも
そうだ おそれないで
みんなのために
愛と 勇気だけが ともだちさ
ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ!みんなの夢 まもるため

時は はやく すぎる
光る星は 消える
だから 君は いくんだ
ほほえんで
そうだ れしいんだ
生きる よろこび
たとえ どんな 敵が あいてでも
ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ!いんなの夢 まもるため
ドリーミング/歌詞:アンパンマンのマーチ/うたまっぷ歌詞無料検索