苦境に陥った「gloops」 〜決算公告からみる未上場企業

ネクソンが2012年に365億円で買収・完全子会社化した「gloops」。

決算公告が5月に公開されたので、貸借対照表をビジュアライズして、現況を探ってみた。

(通常の貸借対照表のグラフとは異なり、それぞれの項目の状況をわかりやすくするため、滝チャートっぽくしている)

株式会社gloops

決算公告

株式会社gloops 第11期 決算公告

貸借対照表

売上・利益推移

数字を読み解く

第11期のgloops株式会社。

自己資本比率がついにマイナスへと転じ、流動比率も110.13%と、かなりくるしい財務状況になってきています。

また、ここ4期での推移では、第9期に当期純利益が200億を超え、復調の兆しがみえましたが、その後、第11期に赤字へと転落。しかも大幅赤字で、利益剰余金もマイナスへ転じました。

かなり厳しい状況に陥ったgloops。今後の再成長はありえるのか。親会社の動向含め、注目です。