企業・産業分析の「ユーザベース」、経済情報特化ニュース共有の「ニューズピックス」 〜決算公告からみる未上場企業

企業・産業分析データベース「SPEEDA」を展開するユーザベースと、その子会社である、経済情報特化ニュース共有「NewsPicks」を展開するニューズピックス

決算公告が4月に公開されたので、貸借対照表をビジュアライズして、現況を探ってみた。

(通常の貸借対照表のグラフとは異なり、それぞれの項目の状況をわかりやすくするため、滝チャートっぽくしている)

株式会社ユーザベース

決算公告

株式会社ユーザベース 第8期 決算公告

貸借対照表

数字を読み解く

第8期の株式会社ユーザベース。

今期は純利益が181百万円の赤字。累積赤字は640百万円と膨らんではいます。第7期よりは利益体質は改善。第9期での単月黒字化はなるでしょうか。

自己資本比率が30.41%と低下しており、これ以上下がっていまうと厳しい状況にあります。しかしながら、流動比率は151.72%となり、第9期でどうにかなる状況ではないと思われます。

株式会社ニューズピックス

決算公告

株式会社ニューズピックス 第1期 決算公告
決算公告 探訪記 — 株式会社ニューズピックス

貸借対照表

数字を読み解く

第1期の株式会社ニューズピックス。2015/4/1に株式会社ユーザベースから新設分割され、NewsPicks事業の権利義務が承継されています。

今期は純利益が249百万円の赤字。まだまだ初期投資のフェーズですので、赤字が出ています。有料化により、第2期以降がどうなるか楽しみです。

自己資本比率は43.13%、流動比率は444.62%となっており、自己資本比率が若干低めではあるものの、流動比率が圧倒的によいため、今期は順調な経営であったといえます。