ロボット、ドローンベンチャーのスカイロボット 〜決算公告からみる未上場企業

人力では手間のかかる仕事や危険な仕事を、ロボット、ドローンで課題解決、リプレース、ディスラプトを狙うスカイロボット

決算公告が11月に公開されたので、貸借対照表をビジュアライズして、現況を探ってみた。

(通常の貸借対照表のグラフとは異なり、それぞれの項目の状況をわかりやすくするため、滝チャートっぽくしている)

株式会社スカイロボット

決算公告、貸借対照表

株式会社スカイロボット 第1期 決算公告(平成27年8月31日現在)
株式会社スカイロボット 第1期 貸借対照表(平成27年8月31日現在)

第1期の株式会社スカイロボット。

今期は純利益が-78百万円の赤字。自己資本比率は72.5%、流動比率は128.6%と第1期終了時点では問題ない数字。

しかしながら、今期と同程度の赤字幅を出す余裕は時期にはないため、利益体質の改善もしくは資金調達が必要になると思われる。